競売と買取り①取り下げミッション始動

『家が競売にかかっていて、来月入札なんですけど、買ってくれませんか!?』という飛込み客が来ました。新人くん、ボーゼン。

所有者の奥さんがご来店で、とりあえずお茶を出しながらいきさつを聞くことに。夫と住む家、相続でもらったのだが、ある日競売の通知が来て、裁判所の執行官が家に来た、と。夫に聞いても「競売になるわけがない。ほっておけ。」と言われ、一旦詐欺みたいなものか、と静観していた。でも、全く知らない人が家に来て、「この家で落札しようかと思うので、中を見せてもらえませんか?」と。

そこで初めて競売の話が本当だったんだ、と感じたそうです(知らないとはいえ、のん気ですね…)。家の謄本を取ったら、案の定信販会社の差押えが入っていました。おそらくカードローンを滞納して放置、債務名義を裁判で取られて競売に至ったのでしょうね…。つづく